ニュース まぼろしのB級

不可思議ニュース  
MENU

東京の歴史うんちく

0   0

東京の歴史うんちくを紹介します。






「港区にある赤穂浪士の墓」
東京都港区には赤穂浪士の墓があります。1701年に松の廊下の事件が発生。1703年12月14日に赤穂浪士が吉良邸に討ち入りして、吉良上野介を打ち取る。その後、赤穂浪士は切腹して、その遺体は泉岳寺(港区)に安置されています。








「中央区の八重洲の由来」
八重洲の地名由来はヤンヨーステン(オランダ航海士)の屋敷があった場所です。ヤンヨーステンはオランダのリーフデ号に乗り1600年に日本にやっ来た。徳川家康に気に入られたヤンヨーステンは、江戸城に屋敷を構えた。現在そこは八重洲と呼ばれる。八重洲には「ヤン・ヨーステン記念碑」が立っています。





「半蔵門の名前由来」
半蔵門と呼ばれている場所には服部半蔵がいました。服部半蔵はもともとは伊賀忍者。本能寺の変の時、徳川家康は関西にいました。服部半蔵は命を狙われている徳川家康を静岡に帰国する手助けをしたため徳川家康に気に入られて部下となった。服部半蔵の屋敷跡が現在の半蔵門に当たります。


「県民性」がわかる!おもしろ歴史雑学: だからこうなった!日本全国「お国柄」の謎と不思議 (知的生きかた文庫)


関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hotfashiona.blog.fc2.com/tb.php/203-1bfc4e73
該当の記事は見つかりませんでした。