ニュース まぼろしのB級

不可思議ニュース  ハリウッドも凌ぐ 
MENU

東京の歴史うんちく

0   0

東京の歴史うんちく



「赤穂浪士の墓」
東京都港区には、赤穂浪士の墓があります。1701年松の廊下の事件が発生。1703年12月14日に赤穂浪士が吉良邸に討ち入り、吉良上野介を打ち取る。その後、赤穂浪士は切腹して、その遺体は泉岳寺に安置されています。

※泉岳寺・・東京都港区高輪二丁目11番1号




「八重洲の由来」
八重洲は、ヤンヨーステンの屋敷があった場所です。ヤンヨーステンはオランダのリーフデ号に乗って1600年に日本にやっ来ました。徳川家康に気に入られたヤンヨーステンは、江戸城に屋敷を構えた。そこは現在、八重洲と呼ばれています。現在、八重洲には「ヤン・ヨーステン記念碑」が八重洲に立っています。


「半蔵門の由来」
半蔵門と呼ばれている場所には、服部半蔵がいました。服部半蔵はもともとは伊賀の忍者です。本能寺の変のさい、服部半蔵は、関西から静岡に帰国する徳川家康を助けたため、徳川家康の部下となった。服部半蔵の屋敷跡が、現在の半蔵門に当たります。












関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hotfashiona.blog.fc2.com/tb.php/203-1bfc4e73
該当の記事は見つかりませんでした。